TYRI、スウェーデンで自社のプリント基板生産を開始 – 工場の年間生産能力は300万ユニット

作業機械向け照明の世界的リーダーであるTYRIは、スウェーデンで自社のプリント基板生産を開始します。クングスバッカにある1800平方メートルの工場により、TYRIはプリント基板の自給自足を実現します。より高い品質管理、安全な納品、そして納期の短縮が、TYRIが自社のプリント基板生産を始める理由です。

– 私たちが必要とするプリント基板を自分たちで製造することには多くの利点があります。品質の向上と納品の安全性が、自社生産を開始する最も重要な理由の二つです。私たちは、ヨーテボリの生産施設と英国および米国の生産ユニットの両方に向けて生産を行います、とTYRIスウェーデンの工場長、ジミー・ノルデンは述べています。

TYRIが必要とするすべてのプリント基板は、ヨーテボリ南部のクングスバッカにある新工場で生産されます。同社は2025年までに、グループの3つの工場で製造されるすべてのランプのプリント基板を自給自足する予定です。これにより、世界情勢の不安定さの影響が軽減され、顧客への安定した納品が確保されます。TYRIがクングスバッカに拠点を設ける理由は、この地域が技術生産の強みを持っているためです。 – プリント基板の生産を南西スウェーデンで行っている同業者が多くいます。この地域には知識と経験のクラスターが形成されており、私たちはこの分野で地域をさらに強化するために自分たちの知識を提供したいと考えています、とTYRIの新しいプリント基板生産の生産責任者、ペル=ヨハン・エドグレンは述べています。

TYRIは、プリント基板の生産を自社の発展の一部と見なしています。この工場には、特に高い清潔度が要求される特殊照明の製造に焦点を当てたセクションも設けられます。TYRIは、この分野が今後数年間で大きく成長すると見込んでいます。この投資は、TYRIの歴史上最大のものであり、新しい従業員も採用されます。 – 今後1年間で、クングスバッカでの生産やその他の機能に関連する10〜20人の新しい従業員を採用します。プロセスはすでに始まっており、新しい才能を見つけることを楽しみにしています。これは、TYRIの設立以来、最も重要な投資の一つです、とTYRIのCEO兼創設者のマーティン・カールベリは述べています。

TYRIが新しいプリント基板の生産を開始するにあたり、将来を見据えています。デジタル化に焦点を当てており、30メートルの生産ラインは将来の継続的なデジタル化に対応できるように準備されています。 – 自社でのプリント基板生産を経済的にするためには、高度なデジタル化が必要です。私たちは課題に取り組み、現在利用可能な技術を使用し、将来の継続的なデジタル化に備えています。多くは、高品質で生産性を向上させることに関するものです。これがこの投資を行う前提条件であり、成功したようです、とプリント基板製造と製造業におけるデジタル化の長年の経験を持つペル=ヨハンは結論付けています。彼は今年1月にTYRIに参加しました。