軍事利用のための最高のEMC評価

オーストリア、ヴェルグルにあるアクレイトナーは、カスタムビルトのボディやトレーラーの設計、開発、生産に取り組んでいます。これに加えて、彼らは警察、軍、準軍事的目的のための特殊車両も製造しています。ヴェルグルでは、すべての車両が顧客の仕様に合わせて適応され、製造されています。HMV Survivor IにはTYRIのVL6が搭載されており、これは最高のEMCクラス評価を受けたスリムなLED作業灯です – 警察と軍には必須です。

TYRIが2006年に鉱業、建設、農業、林業機械のためのLEDライトの開発を始めたとき、電磁互換性に特別な注意が払われました。その時、TYRIの研究開発部門は、すべてのLED製品についてCISPR 25に基づく可能な限り最高のEMCクラスを目指すことを決定しました。長年にわたり、彼らは外部のEMCラボと協力してきましたが、これにより新製品の開発時間が大幅に延長されました。

2016年、TYRIの経営陣は独自のEMC研究所への投資を決定し、外部の試験機関からの独立を目指しました。

エレクトロニクスエンジニアのハカン・ダルスビックは、TYRIでのEMC測定を担当しており、彼の仕事についての洞察を提供しています。彼は1999年以来「シニアエレクトロニクスエンジニア」として働いており、電磁干渉を引き起こすことなく電磁環境で電気部品がどのように機能するかをテストしています。

干渉は配線、空気、または静電気放電(ESD)によって発生する可能性があります。TYRIのLEDヘッドライトには電子機器が含まれているため、新しく開発された製品はすべて広範なEMCテストの対象となります。

「EMCテスト中に問題に遭遇した場合、たとえばライトのちらつきなど、私たちは今すぐ行動することができます。私たちはEMCの問題に関して高いレベルの能力を持っており、精密にテストを行います」とハカン・ダルスビックは言います。ハカンはOEMクライアントにEMCプロトコルを提供しており、その結果には以下が含まれます:

• 導通放出と放射放出

• 導通免疫と放射免疫 このビデオはhttps://tyrilights.com/tyri-light-academy/で見ることができます。